今更聞けないジェネリックのイロハ

いまさらながらジェネリックとは

いまさら人に聞けないジェネリックについて知りましょう

先発の新薬と比べて、後発のジェネリックの効果や安全性はどのようになっているのか、また副作用についてはどうなのか確認しましょう。また個人の医療費としてだけではなく、国としての医療費負担について考えてみる必要があります。海外でのジェネリックの使用状況についても調べてみましょう。

新薬開発の期間

まず新薬開発にかかる金額については述べてみましたが、そのかかる金額だけではなく、さらに新薬開発に費やされる期間についても知っておきましょう。一つの薬の開発にいったいどのくらいの時間がかかるのでしょうか。そして特許をとったあと、何年間独占的に販売できるのでしょうか。

ジェネリック医薬品は本当に安いか

一般的なイメージとして、ジェネリックを使うと新薬よりも安く済むというように思われていると思います。でも具体的にはどのくらい安いのかという事は、あまり知られていない事だと思います。新薬とジェネリックの価格の違いについても考えてみる必要があります。

ジェネリックの安全性について

病院の処方箋を薬局に持っていくと、「ジェネリックでよろしいですか?」と聞かれることが増えました。ジェネリックが新しい薬で、普通の薬よりも安いということくらいは理解しているものの、あまり詳しい事については、ほとんどの方は知らないかと思います。知らないうえに、さらに周囲の人にいまさら「ジェネリックってなに?」なんて聞く事のできないほど、ジェネリックが登場してからずいぶん時間が経ってしまいました。そんないまさら聞く事のできない「ジェネリック」について、認識を深めてみましょう。
ジェネリックというのは、一言でいえば後発の医薬品の事です。対して先発の医薬品を「新薬」と呼びます。新薬は厚生労働省の規定の検査を受けて、発売にこぎつけます。その発売の特許の期間が終わった時に、様々な厚生労働省の試験や承認をもらって製造・販売する医薬品がジェネリックになります。もちろんその有効成分は、新薬と同じものであり、さらに味や飲みやすさ等は、改良されている薬となります。そもそも新薬が発売されてから数年後に発売されるのがジェネリックですから、いろいろな部分で新薬よりも改良されている事が普通です。
そして新薬開発にはまず数百億円から数千億円の費用がかかると言われていますが、後発のジェネリックにいたっては、開発費がだいたい一億円で済むと言われています。そのため、一般消費者にとっても安く新しい薬を購入できる事につながるのです。